屋根と部屋の同時リフォーム!外装と内装を同時に行うメリットを解説

屋根の修理 未分類

この記事で分かること

屋根のリフォームの種類
外壁リフォームの種類
室内のリフォーム種類
リフォームをする目安の時期
同時リフォームのメリット

一気に全部をリフォームした方がお得?

「屋根の雨漏りがひどいから、そろそろ修理しなきゃ・・・そういえば外壁も色あせてきたし、家の中も古びてきたし、台所リフォームとか内装リフォームも一緒にやりたいな」っていうお宅は年々増えています。
「けど、両方一緒にやって、家の耐久性は大丈夫なのかしら。お金もかかるし心配」と同時リフォームに踏み切れないんですよね。

結論から言いますと、屋根の修理の時に、外壁・部屋のリフォームも一緒に行ったほうが色々とお得になります。
リフォームローンを組むなら断然同時リフォームをお勧めします。
もちろんデメリットもありますが、メリットの方が多いので同時リフォームを前向きに検討してくださいね。

すぐに雨漏りの修理・メンテナンスを依頼したい方や、雨漏りの修理業者を探している方は、一度屋根雨漏りお医者さんのサイトをご覧ください。

屋根のリフォームの種類

スレート屋根

一概に屋根のリフォームと言っても、リフォームする規模によっていくつか工事の方法が異なります。

工事方法によっても費用は大きく変わるので、希望に適した施工を行うことが大切です。

屋根のリフォーム①屋根塗装

スレート屋根の塗装

屋根材には、塗装が必要な屋根材と必要じゃない屋根材の2種類があります。

スレート屋根・ガルバリウム鋼板・トタン屋根・セメント瓦の4つは塗装が必要な屋根材になります。それ以外の瓦屋根は塗装が必要ないので劣化している場合は屋根材の葺き替えになります。

屋根のリフォーム②屋根の葺き替え

瓦屋根の葺き替え

屋根の葺き替えとは、既存の屋根材と下地を撤去し、新しい屋根材を敷き直す工法です。

屋根の修理の中では、一番大きな工事になります。

屋根のリフォーム③カバー工法

屋根カバー工法

カバー工法とは、屋根の葺き替えとは違って、既存の屋根材を残したまま、その上から新しい屋根材をかぶせる工法になります。

古い屋根材の撤去費用や手間がなくなるため、葺き替えるよりも費用を抑えることができる工法です。

外壁のリフォームの種類

外壁のリフォームも、塗装だけでいいのか、外壁材自体を変えたいのかによってイメージはもちろん、費用も大きく変わってきます。

外壁のリフォーム①外壁塗装

外壁の塗装を行う目的は、見た目を綺麗にするだけでなく、外壁の防水性が切れてしまうと雨漏りに繋がるため、塗装を行うことで外壁材を長持ちさせると言う目的があります。

外壁材が色あせてきたり、チョーキングと呼ばれる白い粉が出てきた利、塗膜が剥がれてきた場合には塗装を行う必要があります。

また、外壁のつなぎ目に使われているコーキング剤も劣化により剥がれたり、ひびが割れたりするので補修が必要となります。

外壁のリフォーム②外壁材の張り替え・葺き替え

外壁材の張り替えは、既存の外壁材を剥がし、新しい外壁材に張り替える工法です。

現在使用している外壁材の寿命が切れた頃に行うのが一般的で、外壁にクラックと呼ばれるひび割れや、反りなどの現象がひどい場合に行います。
外壁材の種類にもよりますが、一般的には築2.30年経った頃によく行われます。

室内のリフォームの種類

室内のリフォーム

室内のリフォームは、水回りのリフォームなのか、部屋の壁や床のリフォームなのかでも工事にかかる日数はもちろん、費用も変わってきます。

室内のリフォーム① 内装のリフォーム

雨漏り修理

内装の工事でメインとなるのが、フローリングの張り替えと、クロスの張り替えです。
注意点として、一部屋だけのリフォームとなると他のリフォームしていない部屋と比べて浮いてしまう恐れがあるので注意が必要です。
フローリング剤を選ぶ際は、デザインの他に手触り感にも拘りましょう。意外とデザインだけで選んでしまい実際の手触り感を確かめていないということもたまにあります。

室内のリフォーム②水回りのリフォーム

浴室からの雨漏り

水回りのリフォームとは一般的に、お風呂・トイレ・キッチン・洗面所のことを言います。
これらのリフォームは、基本的に、本体代と施工費用・諸々の経費の3つの費用が主な費用の内訳です。
・浴室と洗面所はつながっているケースが多いため、一緒に工事するのが主流です。
・トイレのリフォームは、便座だけをリフォームするのか、床や壁の全体をリフォームするのかで費用が大きく変わってきます。
・キッチンの場合、場所を移動するような工事になると、配管工事などが発生するため費用が大きくなります。

屋根と外壁・室内を同時期にリフォームする目安の時期は?

足場

水回りは壁紙、フローリング等は20年経つとだいぶ汚れや劣化が目立ってきて、リフォームの適齢期。
ちょうどその頃、屋根の防水シートの寿命がきて雨漏りし出すことが多いのです。
だから、あなたが「屋根も部屋も同時にやりたい」と思うのは当然のこと。

今から20年前に建てられた家は、ちょうど「大規模メンテナンス」の時期に突入するのです。
大手ハウスメーカーも築20年の時点で、屋根や内装などのメンテナンス、リフォームに100万円から200万円が必要としています。
家も人間も、メンテナンスは非常に重要で、適切なタイミングで手を入れるかどうかが健康寿命に別れ道。
屋根が雨漏りをしている場合、屋根の修理は早めにやらなければ雨漏り箇所以外にも水が侵入して、大切な柱を腐食させ家の寿命を短くしてしまいます。

部屋のリフォームは、家の構造には大きく影響しませんが「住人の心の健康」には非常に大切。
「この部屋も汚くなったなあ。壁紙も古臭いしフローリングは傷だらけ。掃除する気も失せるよ」と思いながら暮らしている人と「壁紙も綺麗になって、フローリングもピッカピカ。ああいい気分」と暮らしている人では、日々の幸福度に大きな差がありますよね。

家の耐久性を高めるためにも、気持ちよく暮らすためにも、屋根の修理が必要になった時に「部屋のリフォームもしたい」と思ったらぜひぜひ同時リフォームをしてしまいましょう。

屋根と外壁・部屋の同時リフォームのメリット

メリット

屋根・外壁と室内のリフォームを同時に行うといろいろなメリットがあります。
まず初めにメリットからご紹介します。

メリット①足場代等 大幅な費用の削減も!

雨漏り修理

屋根の修理では、足場を組むことが多いのですが、屋根修理と同時に外壁もリフォームする場合は足場を使いまわせるので、その分費用を圧縮できます。
多くの屋根修理業者さんの、足場費用は20万円前後なのでそれを2回支払うよりも1回で済ませたほうがお得です。

メリット②大幅な時間短縮

雨漏り修理

屋根・外壁と部屋のリフォームを同時並行で行うと、職人さんたちがくる期間が短くなります。
地域や家庭によっては「職人さんにはお茶とお菓子とお味噌汁を出す」などのおもてなしが必要な場合が多いので、工事期間が長期間に及ぶとおもてなしが大変になりますが、同時並行で行えば一度に必要なお茶等は多くなるものの、家族の負担は最小限になりますよね。
短期間で工事が終われば、自宅にいなきゃいけない拘束時間も短期間で済むので助かります。

メリット③ローンの金利が低くなる

雨漏り修理

みんなが気になる、費用面でのメリットは「金利」です。
通常、リフォームローンを組むときは「借入金額が多ければ多いほど」金利が低くなります。
屋根の修理だけ行って、数年後に部屋のリフォームをする場合、それぞれローンを組むことになりますが、同時に行えば「リフォームローン」としてまとめられるので、それだけ金利が低くなるのです。
だから、どうせいつかリフォームをするのであれば、屋根修理と同時並行で行った方がお得になります。

屋根と外壁・部屋の同時リフォームのデメリット

デメリット

もちろん同時リフォームすることによってのデメリットも存在します。
デメリットの部分も知った上でリフォームしましょう。

デメリット①車を停めるスペースに困ることがある

工事

地方で広いお庭がある場合は良いのですが、都会に住んでいる場合は機材を運搬する車などの駐車スペースに困ることが少なくありません。
職人さんたちの車はコインパーキングなどに止めてもらえても、屋根材や足場、内装の部材などを運ぶ車を止めるスペースがなければ、工事がスムーズに進みませんし、別途運搬費用がかかることもあります。
同時並行で工事を進める場合は、業者さん同士で機材の運び入れなどのスケジュールを調整してもらうようにしましょう。

デメリット②まとまったお金が必要になる

屋根塗装にかかる費用相場

屋根・外壁の修理と部屋のリフォームを同時に行う場合、修理費用&リフォーム費用が必要になるので、まとまった金額が必要になります。
リフォームローンを組めば問題がありませんので、業者さんに問い合わせて見ましょう。

屋根・外壁・内装のリフォームにかかる費用

部屋

リフォームにかかる費用は、新しく使う材料や、既存の屋根材などを撤去する必要があるのかなどでも大きく変わってきます。
今回は、同時にではなく各場所別々にリフォームした一般的な戸建て住宅でのおおよその費用相場を出しています。
実際に各場所一緒にリフォームするともう少し安く済む場合もあります。

屋根・外壁・内装のリフォームにかかる費用

屋根の修理

屋根の塗装にかかる費用は、屋根の面積にもよりますが、おおよそ30~60万円ほどかかる場合が多いです。

カバー工法や、葺き替えで屋根をリフォームする場合は、40~100万円前後が一般的な費用となっています。こちらには足場代も含まれていますので外壁などと一緒に工事するともう少し安くなります。
詳しい金額が知りたい方は、ぜひ見積もりを取ってみて下さい。

外壁のリフォームにかかる費用

雨漏り修理

外壁の塗装にかかる費用は、おおよそ40~100万円前後が一般的な費用になっています。

外壁材の張り替え・葺き替えにかかる費用は、外壁材にもよりますが、100万円~200万円前後が一般的な費用になっています。

室内のリフォームにかかる費用

リビング雨漏り

まずは、水回りのリフォーム費用から説明していきます。
・キッチン・浴室は、おおよそ50~150万円前後が一般です。
・トイレや洗面台のリフォームは10万円〜50万円ほどが一般的な価格になっています。
続いては室内のリフォームです。
・部屋の壁のリフォームは、10~20万円ほど
・床のリフォームには20~40万円ほどが一般的な費用相場になっています。

屋根・外壁・内装のリフォームにかかる施工日数

リビング雨漏り

続いては、工事にかかる施工日数について解説します。
屋根と外壁のリフォームを一緒に行う際は、足場を続けて使うことができるので通常よりも、約1日〜2日ほど短くなります。

屋根のリフォームにかかる日数

屋根の施工にかかる日数は、5日〜2週間が一般的です。
外で行う作業ですので、雨が続いたり、台風シーズンではもう少し施工期間が延びることもあります。

外壁のリフォームにかかる日数

外壁の塗装には、一般的に1週間~10日ほど施工にかかります。
外壁材の張り替には、1週間〜3週間が一般的な施工にかかる日数となっています。

内装のリフォームにかかる日数

水回りのリフォームには、
・トイレのリフォームには、半日から4日ほどかかります。
・キッチンは、半日〜2週間程度
・浴室には1日〜1週間程度が一般的です。

・壁・床のリフォームには、おおよそ1~3日程度かかることが一般的です。

外装と内装の同時リフォームする際の業者の選び方

同時リフォームを考えている方は、屋根や外壁などの外装工事と、部屋などの内装工事を一緒に行っている業者にお願いすることをお勧めいたします。

全ての工事を1つの会社が全部行うことで、施工にかかる費用を抑えることができます。

様々な要望に対応できる業者紹介!

屋根雨漏りのお医者さんは、基本的には、屋根修理・雨漏り修理専門の業者ですが、雨漏り修理は、屋根以外にも外壁・ベランダ・窓などが原因の場合も多いためリフォームに関しても問題なく希望通りに施工してくれます。

また、屋根雨漏りのお医者さんでは、一級建築士など雨漏り修理以外の建築に携わる国家資格を保有している方がたくさんいます。
ですので、一貫して工事したい場合には、他の業者を入れないで自社だけで、外装から内装まで施工できるのでバラバラに頼むのよりも費用を安く抑えられオススメです。

まとめ

まとめ

屋根の雨漏り修理が必要になった時に「部屋も一緒にやりたい」と思ったら迷わず、同時に工事を検討しましょう。

同時に工事を進めるメリットは「金利が低くなること」や「業者さんの出入りが一度で済む」など、あなたにとって嬉しいことばかりです。
また、「リフォームしたいな」と思って鬱々と暮らすよりも、一気に屋根もお部屋も綺麗にして気持ちよく生活した方が、人生が楽しくなるはず。
どうぜ後からリフォームするなら思い立った時にリフォームしてきれいな家で、ウキウキとしながら暮らした方が、気持ち良いですね。

同時に工事を進めたいときは、まずは「腕のよい屋根修理業者さん」を選んでから、部屋のリフォーム業者さんを探しましょう。
屋根の修理は専門知識と技術が必要なので、しっかりとした業者さんを選ばなければ、何度も雨漏りが再発することもあります。

千葉県の雨漏り修理 飛留間

こんにちは
屋根雨漏りのお医者さん千葉県担当の飛留間です。
弊社は、雨漏り修理専門のプロ集団で構成された会社です。
私自身は、基幹技能士・一級建築板金技能士など数多くの資格と表彰状を保有して活動しております。

総合実績11万件以上で皆様の知る建物を数多く修繕してきました。

あなたの地域を担当する雨漏り修理スタッフの名前から所持資格、施工実績箇所等を全公開中!

~あなたのお住まいの都道府県をクリックしてください ※愛媛県は現在受付を中止しています~

関東地方

中国地方

北陸地方

四国地方

愛媛 香川 高知 徳島

東海地方

Q.凄い資格や修理実績が多い人は修理費用が高そう・・・

A.いいえ、経験知識が豊富だからこそ安く確実な修理方法を知っているのです。

雨漏り修理専門家

雨漏り修理業者

無料調査・無料お見積もり!
出張費もかかりません!
まずは、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました