雨漏りで漏電!?危険性と対処方法を解説

雨漏りによる漏電 未分類

雨漏りで漏電するの?と疑問に思う方もいるかと思います。

雨漏りの発生により、雨が壁や屋根内を伝うことで、電気配線やコードの隙間に入り込み漏電が引き起こります。

漏電が発生することで、ブレーカーが落ちたり、家電が故障したり、最悪の場合、火災を引き起こすことだってあるのです。  

そうならないためにも、雨漏りした際には、早急に正しい対応をとり、修繕する必要があります。

この記事では、雨漏りによる漏電の症状や、対応方法、修繕費用について解説していきます。

被害の拡大を未然に防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてください。

雨漏りは何で起こるの?放置してはダメ?

天井裏雨漏り

住宅で起こる雨漏りの多くは、屋根瓦のズレ・屋根材の経年劣化・外壁のヒビ・防水層の劣化・コーキングの劣化による隙間、天窓や窓サッシの劣化・雨樋の詰まりや破損など、この他にも原因は様々ありますが、主に以上のようなことで水が家の中に入り込み、雨漏りは発生します。

その雨漏りを長時間放置したり、被害がひどい場合には、建物に使用されている木部や内壁、クロスなどが腐食したりカビが発生したりします。

最悪の場合には、シロアリを呼び寄せてしまったり、建物の倒壊、漏電による火災などに発展するケースもあるため、放置するのは大変危険です。

雨漏りで漏電は引き起こる?

外壁の修理

通常、電気配線や電線、電気器具類には「絶縁」という電気を通さない物質で覆い、電気が漏れないよう処理が施されています。

しかし、雨漏りが起こったことにより、天井裏や壁面内を雨水が伝い、電気配線やコードがある場所まで到達することで、電化製品やコードが濡れていると絶縁の隙間に水や湿気が入り込み、その部分から漏電をしてしまう可能性があります。

特に絶縁体に劣化などで傷がついている場合には注意が必要です。

漏電とは、本来、電気が通るべきルートを外れて流れ出てしまう現象のことを言います。

漏電による被害

漏電による被害

漏電が発生することで、さらなるトラブルに発展する可能性があります。

①家電の故障

雨漏りによって家電本体や電気のコードに水がかかり、壊れてしまうことが一般的ですが、漏電による電圧の異常によっても家電が壊れて使えなくなってしまうことがあります。

②火災の発生

電線に接触しているホコリや木材、下地の金網(ラス)が、漏電による電線の熱で発火してしまうことがあります。

配線等は、壁の中や屋根裏など、普段目に見えない場所にあるため、気づかないうちに火災が進行してしまうこともあり大変危険です。

漏電の症状

漏電による被害

雨漏りによって漏電が起きている場合、以下のような症状が自宅で発生する場合があります。
雨が降ると停電する
いつの間にかブレーカーが落ちている
電気代が高くなっている
焦げた匂いや、金属に触れるとビリビリする

思い当たる節はないか、しっかりと確認していきましょう。

雨が降ると停電する

雨が降った時にだけ停電が起きてしまう場合には注意が必要です。

その場合、雨漏りが原因で漏電している可能性が非常に高いです。

ただし、家の中だけでなく、外に設置してある外灯や、コンセント部分の防水処理が不完全のため停電が起こっている場合もあります。

ですので、一度、専門業者に詳しく調査をしてもらうことが望ましいです。

知らないうちにブレーカーが落ちている

電気を使いすぎてしまった場合に、ブレーカーが落ちることは皆さん知っているかと思いますが、漏電によってもブレーカは落ちます。

分電盤内には、漏電遮断器というものがあり、そこが落ちていたら漏電している可能性が高いです。

雨の日以外であっても、頻繁にブレーカーが落ちる場合には、漏電している可能性を疑いましょう。

こげた匂いや、金属に触れるとビリビリする

どこからか家の中で、こげた様な臭いがする場合、コンセントなど電気配線がショートしている可能性があります。

また、家の金属部分や、家電に触れてビリっとした場合、漏電して可能性が非常に高いです。

激しく漏電している場合には、木材をさわってもビリビリすることがあります。

こうした場合、火災の可能性がありますので
「なんの臭い?…まぁいいか!」
と放置するのは危険です。

電気代が高くなっている

漏電が起こっている状態だと、電力の供給が非効率になるため、電気料金が高額になる場合があります。

普段よりも電気代が異常に高くなっていると感じたら、一度専門家に調査してもらいましょう。

漏電していたら何をするべき?

もしも、漏電が発覚した場合は以下の箇所に相談してみましょう。
電気保安協会
電気工事会社など

電気保安協会では、無料で漏電していないかなどの調査を行っていることがありますのでチェックしてみてください。

雨漏りによる漏電の予防策は?

漏電による感電や事故を防ぐためには、3つの予防方法があります。

①傷んだコードなど絶縁状態が悪いものは使用しない

漏電予防

漏電を防ぐ1つ目の予防策は、絶縁状態が良くない物使わないことです。

傷んだコードやプラグというのは、決して絶縁状態が良いとは言えず、いつ漏電してもおかしくありません。

ですので、最初から絶縁状態に不安のあるものは使わないようにすることが漏電の予防にもつながります。

②家電にアースを取り付ける

漏電を防ぐ2つ目の予防策は、家電等にアース線を取り付ける方法です。

アース線とは、電気を逃がす通路のことで、電子レンジや洗濯機などについていることが多いです。

また、電気製品にアースを取りつけておくことで、漏電した際であっても人体への影響を防ぐことができます。

③漏電遮断器を取りつける方法

漏電遮断器

漏電を予防する3つ目の予防策は、漏電遮断器を取りつける方法です。

漏電遮断器は、漏電によって異常な電流が流れた際に、自動で感知し電気を遮断する装置です。
万が一のためにも年に1~2回は、定期点検を行うと安心です。

雨漏りによる漏電のまとめ

まとめ

雨漏りの二次被害の一つに漏電があります。

漏電していると思われる症状として、雨の日だけ停電する、家電や照明機器が故障する、高額な電気料金の請求が届いたなど、いくつか思い当たる場合には、漏電を疑ってみましょう。

漏電の予防として、絶縁体に不安なコードなどは使用しない、アース線を家電に取り付けるなどがあります。

もしも漏電が発覚したら、すぐに専門の業者に依頼して対処することをおすすめします。

放置してしまうのは、火災等の危険もあるので大変危険です。

栃木県の雨漏り修理の臼井進

こんにちは
屋根雨漏りのお医者さん栃木県担当の臼井です。
弊社は、雨漏り修理専門のプロ集団で構成された会社です。
私自身は、一級建築士・基幹技能士・一級建築板金技能士など数多くの資格を保有して活動しております。

総合実績11万件以上で皆様の知る建物を数多く修繕してきました。

タイトルとURLをコピーしました