カバー工法での屋根の修理!カバー工法のメリットから費用までを徹底解説

屋根の修理 知識・ノウハウ
雨漏りの質問

カバー工法って何?どのくらいの費用がかかるの?

雨漏り修理や、屋根の修理をする際に、カバー工法を使用した施工を勧められることがあります。カバー工法と屋根の葺き替えの違いは何?メリット・デメリットは?と疑問に思う方や、カバー工法について何も分からないといった方に読んでもらいたい記事です。

この記事では、カバー工法の特徴から修理費用までを詳しく解説しています。

屋根を修理する際や、カバー工法を業者の方に提案された際などに、一度この記事を参考にしてみてください。

目次

屋根修理に用いられるカバー工法とは何?

カバー工法

カバー工法とは、既存の屋根の上に、新たな屋根材を被せる工法のことです。
スレート屋根などの平らな屋根でのみ使える工法で、屋根を葺き替えるよりも、安く短い工期で行う事ができます。

屋根の葺き替えとは?

屋根の修理

屋根の葺き替えとは、既存の屋根材を全て剥がして、新しい屋根材と交換する工事方法です。カバー工法と葺き替え工事の違いは、既存の屋根材を撤去するか、しないかが一番大きな違いです。

屋根の葺き替え工事は、屋根を全面リフォームするため、屋根の修理では一番大規模な工事方法のため、修理費用も大体70万円〜250万円保かかります。

↓屋根の葺き替えについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

カバー工法が用いられるケース

屋根カバー工法

一般的には、スレート屋根にガルバリウム鋼板などの金属屋根を被せるケースが多いです。
既存の屋根材の劣化や損傷が酷く、部分的なメンテナンスや修繕が行えない場合に屋根全体を葺き替えると言うよりも、カバー工法を使用した提案をする場合が多いです。

↓スレート屋根についてはこちらの記事で詳しく解説しています

実際のカバー工法の施工動画

実際のカバー工法での施工を動画にて解説しています。
既存の屋根がスレート屋根のお宅に、ガルバリウム鋼板を使用してカバー工法で施工しています。

カバー工法が使用できない屋根

瓦屋根の破損

カバー工法は、全ての屋根に使用できるわけではありません。また、既存の屋根の下地が酷く損傷している場合も同様に施工する事ができないです。
カバー工法が使用できない例をさらに詳しく解説していきます。

カバー工法が使用できないケース①既存の屋根が瓦屋根

瓦屋根

現在の屋根が瓦屋根の場合、瓦の上からカバー工法を行うと屋根が重くなりすぎてしまい耐震性の面などの理由から、瓦屋根にカバー工法を行なうことは難しいです。瓦屋根をリフォームしたい場合については、基本的には葺き替えをおすすめいたします。

↓瓦屋根についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

カバー工法が使用できないケース②屋根の下地の劣化が激しい場合

雨漏りによる腐食と劣化

既存の屋根材の下にある野地板がひどく傷んでいるなどの劣化が激しい場合は、新しい屋根材を固定することができなくなるため、カバー工法を行う事ができなくなります。そのような場合は、屋根の葺き替え工事が必要となります。

カバー工法が使用できないケース③屋根の勾配が適していない場合

屋根の修理

カバー工法では、施工可能な屋根の勾配(傾き度)が定められています。勾配が緩すぎたり急すぎたりする屋根にカバー工法を施すと、雨漏りを誘発してしまう恐れがあるため施工できません。

↓雨漏りしやすい屋根の形についてはこちらの記事で解説しています。

カバー工法を行うメリット・デメリット

メリット

カバー工法にもメリット・デメリットは存在します。
工事する際は、カバー工法のメリット・デメリットについてよく知った上で施工することをオススメいたします。

カバー工法のメリット

雨漏りの修理費用

まずカバー工法のメリットから解説いたします。
カバー工法のメリットは、主に4つあります。

メリット①工事費用が抑えられる

一番のメリットは、施工費用の安さです。
葺き替えとは違い、既存の屋根材を撤去する手間と処分代がかからないため、全体にかかる修理費用を抑えることができます。

メリット②短い工期で施工できる

屋根を葺き替える際は、既存の屋根材の撤去する工程が含まれますが、カバー工法ではそれがありません。
工程を省略できるため大体3日〜10日ほど施行にかかる日数が短くなります。

メリット③断熱効果と遮音効果がある

カバー工法では、既存の屋根材と新しい屋根材との二重構造になります。そのため断熱効果・遮音性がUPします。遮音性が上がるため、音が気になりやすいガルバリウム鋼板の屋根での施工がオススメです。

メリット④構造材を痛めずに施工ができる

既存の屋根の上から新しい屋根材を被せるため、野地板や垂木への負荷がかからない点もメリットの1つとしてあります。